『クラブツーリズム』 ★海外旅行★

商品名 『クラブツーリズム』 ★海外旅行★ 商品カテゴリ 旅行
商品説明 「クラブツーリズム」は、近畿日本ツーリストの社内ベンチャーから始まった会社です。

一般の旅行会社と異なり「会員」組織に力を入れているのが大きな特徴です。

旅行会社はたんにツアーを販売するだけではなく、会員が行うクラブ活動を支援します。

「仲間が広がる、旅が深まる」がクラブツーリズムのブランドキャッチフレーズで、

旅を通して新しい出会いや交流を作り出していくことを一つの目的としています。

ブランドマークの手をつないで踊る5人は旅仲間であり、旅で豊かになる五感であり、

「出会い」「感動」「学び」「健康」「やすらぎ」の旅の5大要素であり、

さらに5大陸も表しているということです。

ツアー商品は会員以外も利用できます。というか、現在のクラブツーリズムは、

新聞広告などを使ったメディア販売を主力とする旅行会社です。

早くから「旅の通信販売」に力を入れていたこともあり、店舗での販売は少なく、

インターネットや電話申込みが主力です。

旅行商品は全体的に格安ツアーが多く、内容てんこ盛りの「バスツアー」は得意技。

一方でテーマ性のある旅にも力を入れており、「登山の旅」や「写真撮影の旅」などが有名です。

最近は、「おひとり参加限定の旅」を増やしています。



《口コミ・評判》

参加者にリタイア組が多く、そのためツアー内容もシニア向け。

「40代でも浮くくらい高齢者の多いツアー」という口コミもあるほどです。

クラブツーリズム自体が会員制組織から始まっていて、メインターゲットは中高年なので、

若い人向けのプランはまずありません。ということで、自分が若い、と思っている人は

クラブツーリズムに参加するには早すぎるかもしれません。

一人参加限定の旅や、テーマのある旅などでは独自性があり、

一般ツアーのコース内容もバリエーション豊富。

ただ、日帰りバス旅行ではコース内容が多すぎて「予定時間内に消化しきれなかった」という声も。

結果的に「20時帰着予定が22時になった」などということもよくあるようです。

盛りだくさんはいいですが、詰め込みすぎはつらいこともあるようです。

基本的には「お得感」を追求するツアーが多く、いわゆる「格安ツアー」が主体です。

そのため、「内容は値段なり」の感想も多いです。

添乗員は派遣型が多いようで、「当たりはずれが大きい」とのこと。

関連商品

  • カテゴリ